右の顔は左脳とつながり・仕事やお金など形あるエネルギーと関係

友だち追加

右の顔は左脳 = 仕事やお金など形にするエネルギーと関係しています。

右の顔をフェイスアップさせることでお金のメンタルブロックを解放できます!

メンタルブロックとは「思い込み」

メンタルブロックとは「思い込み」

メンタルブロックとは簡単に言うと何かしようと思ったときに、

「自分にはできない」「無理」という考えや思い込みのことです。

ポイントは、メンタルブロックがあることで行動までも制限されてしまう、という事です。

ブロックをかけ続けることで、結果として「何もできなくなる」「立ち止まってしまう」という事に。

ストレスは顔にも影響を与えます。

ストレスは顔にも影響を与えます。

ストレスを受けることが原因で、顔の筋肉がたるみ、肌の潤いもなくなりますます老けて見られるようになってしまいます。

「気功フェイスアップ」を行うと、エネルギーが循環し、顔だけでなく身体も若返ってきます。

「気功フェイスアップ」は、単に顔を持ち上げて見栄えを良くするだけのものではなく顔の筋肉を引き上げることで、脳を前向きな考え方に切り替えることができるのです。

右顔を「気功フェイスアップ」すると、左脳に関係する仕事やお金、対男性、対父親について効果があります。

左顔を「気功フェイスアップ」すると、右脳に関係する人間関係、女性性、対母親について効果があります。

人間の顔の左半分には不思議な力が宿っている?

人間の顔の左半分には不思議な力が宿っている?

美しさに意識が高い女性が「自分はこの角度から見られたときが1番キレイ」という角度を知っているように、人間の顔は左右非対称なものです。顔の左半分は感性・感覚を司る「右脳」がコントロールしており、右半分は論理的な事柄を司る「左脳」がコントロールしているといわれますが、そんな顔と脳の不思議な関係についてライターのエリサ・ガバートさんがまとめています。

ガバートさんは過去数十年にわたって「自分の顔は左側から見た方がキレイに見える」と思っていたそうです。

顔の右側には十代の頃にできた「ほくろ」や、「少し欠けた上の側歯」、ガラスに頭を突っ込んだ際にできた「あごから下唇にかけての傷跡」などが集まっているからというのがその理由のようですが、そのせいもあってか、ガバートさんは自身の顔の右半分が左半分よりも「老化しているかのように見える」とも感じていたと語っています。

しかし、最近になって、ガバートさんは自分が無意識に鏡で「自分の良い方(顔の左側)」を見ようとしていることに気づきました。

この経験から、ガバートさんは人間の顔と脳についての調査を始めました。

ガバートさんが見つけたある研究では、写真に写った人間の顔から「顔の左側を鏡あわせにして作った顔」と「顔の右側を鏡あわせにして作った顔」のどちらがより魅力的かを「視覚的快適性」を基に評価する、という不思議な研究が行われていました。

この研究によると、被験者は「顔の左側を鏡あわせにして作った顔」の方がより魅力的に感じる、という結果がでています。

また、他の研究によれば、顔の左半分は右半分よりも「感情にあふれている」とのこと。研究の論文には、「我々の結論は、左頬は感情を素晴らしい強度で示すものであり、それを見る側は、美学的に心地よくなるというものだ」と記されています。

誰もが抱く、「なぜ私は鏡の中だとこんなによく見えるのに、写真だと悪く写ってしまうのか?」という疑問がありますが、これに対する回答は「単純接触効果」、つまり「毎日鏡で繰り返し見ている、左右が反転した自分に慣れ親しんでしまっている」というものが挙げられるかもしれません。

写真では、普段から見慣れていない角度から撮影された顔や、真正面から写された顔を目にすることがあります。

ガバートさんは「こういった写真こそ我々人間の真実の顔を写している」と述べます。

動物の認識能力を確かめるための方法に、「ミラーテスト」と呼ばれるものがあります。

この実験では、まず最初に被験体に麻酔をかけてから顔に無臭のペンキで印をつけ、鏡を置きます。被験者の認識能力が高ければ、被験体は顔のペンキに気づいて顔を調べたり、印を消そうという反応を見せます。

このミラーテストは人間だけでなくさまざまな動物に対して行われるもので、チンパンジーはテストをクリアしますが、サルはテストをクリアできないそうです。

他にも、ゴリラはクリアするものとしないものとが混じっており、イルカやカササギはテストをクリアできます。

人間は生後18か月でこのテストをクリアするそうで、つまり、「自己への愛着」または「自意識」といったものを人間は生後18か月で持ち始める、とのこと。

また、脳への損傷やアルツハイマーのような変成疾患により引き起こされる「ミラーデリュージョン」という疾患が存在します。

このミラーデリュージョンの患者がミラーテストを行うと、鏡に映った自分が自分ではない他の誰か、悪者に見えてくるそうです。

ロバート・レヴァイン著のStranger in the Mirrorという本ではミラーデリュージョンの患者にまつわる話がまとめられているそうで、例えば、ヨランダという女性は鏡に映る自分に「ルース」という名前をつけている、などといった事例が紹介されているそうです。

鏡に自分が写っていると認識できなければ、そもそも「鏡が像を反射する」ということにも気づけないわけですが、ミラーデリュージョンの患者は鏡の中の自分を他人と認識します。

しかし、鏡に映る他人が「何をしているのか」はしっかり認識できそうで、患者が認識できないのは自分自身の存在だけだそうです。

なお、脳スキャンと検死報告書などの情報から明らかになったのは、ミラーデリュージョンの患者はほとんどが脳の右前頭葉に損傷を持っている、ということでした。

その他の研究では、自分自身の姿をみるよりも、自分自身の声を聞いた時の方が右脳の活動が活発になることが明らかになっています。

また、心理学者のジュリアン・ポール・キーナン氏によると、人間は右脳が活動するよりも早く自分の顔を認識している、とのこと。

つまり、これらの結果から言えることは、人間の自己認識能力は脳全体で行われているわけではないものの、右脳で行われていることは間違いない、ということです。

「右脳で自分自身の存在を見つけるということは、顔の左側で自分自身の存在を見ることができるのでしょうか?」とガバートさんは述べていますが、こういった事柄がガバートさんが自身の顔の左半分をより好んでいる理由なのかもしれません。

気功フェイスアップご感想

気功フェイスアップご感想紹介

「気功フェイスアップで顔のパーツが整い小顔になり脳の活性化も実現
顔の造作は脳と深い関係があり、顔の内側の状態が外に現れているだけでなく、脳に一番近いため、顔に上げることで脳を刺激して、脳にスイッチを入れることができます。」

●東京都 女性

「いつもお世話になりありがとうございます。
美容ダイエット経過報告です。
今週は美容ダイエットのうち『美容』の効果を感じました。
目の下の小じわが薄くなり、ハリが出てきました。
また、生え際にあった細かいポツポツも消えてきて、スベスベな肌へと変わりました。」

●宮城県 女性

「久しぶりにあった知人から、顔が小さくなったよねと言われました。
嬉しいです!!!
セッションおかげか、肌がすべすべです。
ありがとうございます!」

●福岡県 女性

「リフトアップセッションありがとうございました。
頬の位置が上がりました。
鏡を見ると、どこのおばさん?といつもガッカリするのですが、セッション後鏡を見ると驚くほど若々しくなっていました。
ありがとうございます。」

●大阪府 女性

「今日は美容整体ありがとうございました。
右側を受け始めるとみるみる目尻が上がって行き、顔の幅もお肌のキメも右と左とでは違っていました。
勿論、フェイスラインもです。
その後、両方していただくと、左右が同じに整いました。
肩こりと腰痛もしていただき、スーっと軽くなっていくのがわかりました。
腰痛はしばらくして又、痛くなったのですが、今はもう大丈夫です。
あと、ヤセ菌増殖と代謝を上げていただきました。
これから痩せれると思うととても嬉しいです。
ありがとうございます。」

●東京都 女性

「いつもお世話になります。
1ヶ月の美容セッションありがとうございました。
自分で鏡を見ると変化がないように思ったのですが、撮った写真を見た時に、前と比べて顔が整ったように感じました。
続けるとかなり効果があるのだろうと思います。」

気功フェイスアップ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

友だち追加

気功フェイスアップ

顔が整い小顔になる・気功フェイスアップ・瞬間の幸せが湧き上がる

気功ダイエット

前例がない魔法の気功ダイエット・美しさの維持・お客様の声

気功ボディケア

気功ボディケア・メンタルケア・バランスのいい状態へと導く手段

アーカイブ

TOP