気功ボディケア・メンタルケア・ペットケア・良い状態へと導く手段

気功ボディケア

気功ボディケア

気功ボディケアは、対面・オンライン・電話・リモートにて対応しております。

「気功」は中国で4000年も前から行われている健康法です。

気功の「気」は元気、病気、気持ち、気分の気です。

気は英語でQi(またはChi)と書き、チーと発音(中国語の気の発音と同じ)します。

気の本態はよくわかっていませんが、生命エネルギー、宇宙エネルギーとみなされ、波動(1-20ヘルツの低周波)の性格を持っています。
気功は体内の気を巡らせ、宇宙、大地、樹木など、外部の気も取り入れます。

約2000年前に書かれた中国最古の医学書「黄帝内経」には気が病気と深い関わりがあり、気功は病気の予防、治療、寿命を伸ばす効果があると書かれています。
気功は保健医療気功としての「軟気功」と武術気功としての「硬気功」に大別されます。

軟気功はさらに自分で気を養う「内気功」と自分で養った気を他人に与える「外気功」に分かれます。気功法の種類は非常に多く、現在中国で2000を越える流派があると言われています。

これらの中には体操のように身体を動かす「動功」と、座禅やヨガのようにあまり動かないようにする「静功」があります。

気功は調心(リラックスした状態での精神集中:入静)、調息(呼吸を整える)、調身(姿勢を整える)の3つの要素で構成されています。

例えば、ねんざをしたときにはその部位が腫れますが、整体院で施術を受けると腫れが早く引くケースも見られます。

施術前に全身の骨のズレやゆがみ、筋肉がこっている部分を整体師が手を使って確認を行うため、自覚症状がなかったことにも気づくこともできるでしょう。
現状の痛みだけではなく、痛みの再発や悪化、予防をすることも可能です。

中国では古来より、病気とは、身体の中のバランスが崩れたり、壊れたりすることから起こる身体の変化だと考えられており、その悪い変化を再びバランスのいい状態へと導く手段として中国医学(中医学)は発達してきました。

そのなかで、薬学としての漢方、手技療法として整体、鍼灸、足裏、耳ツボなどの治療法が確立されたのです。

気功では「推拿(すいな)」とも呼ばれ、その字のごとく、「推して揉む」こと。

これがボディヒーリング(ケア)の基本となります。

全身に流れている経絡、および身体にある356穴のツボに刺激を加えます。

これによってバランスの悪い部分の活性化を図り、身体をもとの快調な状態へと調整してくのです。

中医学では皮膚と筋肉の間に「気」が流れていると考えられています。
ストレスやケガ、寝不足などは「気」の流れを阻害します。

これによる不具合はコリであったり、痛みやゆがみ、張感、しびれ、鈍重感として感じられます。
つまり身体がつらいと認識するのです。

気功とはこの「気」を本来の正しい流れにすることなのです。

ツボや経絡が通じることで「気」の流れが順調になり、「気」が滞った状態が改善されます。

気功ボディケアお客様の声


メンタルヘルスケア

メンタルヘルスケア

心が辛い状態の時に必要な要素は、「癒し」と「睡眠」です。
このセッションを受けると眠くなる方がたくさんいます。

これが、「心」を癒すということなのです。

メンタルヘルスとは直訳すれば「心の健康」を意味します。
心の健康状態は、自分では気づかないことが少なくありません。

トラウマ記憶は、本人も気づかないレベルの些細な刺激でも思い出されてしまいます。

そして、思い出さないようにしようという「抑制意図」を持ってしまうと、ますます思い出されやすくなるという厄介な性質を持っています。
PTSDとは違いますが、心的外傷の初期症状として、心的外傷の初期症状で急性ストレス障害(ASD)を起こすことがあります。

心的外傷の初期症状として、感覚や感情の鈍麻ないし麻痺、疎隔体験、離人体験、記憶の喪失、興奮、遁走、ないしは心悸昂進、発汗等の自律神経昂進症状がみられます。
これらの反応は急性ストレス障害と呼ばれています。

ネガティブな記憶・過去のトラウマ・ストレス

ネガティブな記憶・過去のトラウマ・ストレス

私達は、生きていかないといけないので、「ネガティブな」感情を抱いても、それを押し殺したり、「忘れることにする」ということを頻繁にしています。
しかし、忘れてしまった体験でも、無意識のレベルでは、全て記録に残ります。

そして、何かの拍子に、何かがトリガーになって、突然、強烈な感情、怖れや不安や悲しみなどが、理由もなく湧き上がってきたりするわけです。
過去を浄化しないと、その思いという思い荷物を背負ったまま、未来に向かって生きていくことになります。

人生の履歴が増えれば荷物は、更に重くのしかかります。
「過去は、こうだった」だから、「未来もこうなるよね」が成立してしまいます。

願い事が叶わないのは、過去の履歴が足を引っ張っています。

メタルヘルスケア・癒しの音楽

メタルヘルスケア・癒しの音楽

ヒーリングサロンfが開発した、「サウンドヒーリング(癒し)システム」は、音楽の響きを心地よい音楽を「心」に伝えるツールです。

ここちよい音の振動が体の細胞一つひとつに伝わり、体の内側から緊張をゆるめ、心に深いやすらぎをもたらします。

体に本来備わった自発的治癒力を音楽の振動で呼び覚まし、やすらぎと活力が自分の中から湧き上がります。

心に響く音楽のリラクセーションが相乗効果を生み、短時間で深いやすらぎが得られることでしょう。

ストレスを感じると、気分が晴れなかったりうまく眠れなかったりと、さまざまな問題が出てきます。
そのようなときはリラックスした状態へ導いてくれる心の癒しが必要です。

このシステムを使用すると、とにかく眠くなる(癒し効果)という方のご意見を多数寄せられております。
エネルギーワークを受けてなくてもとにかく眠い!というときなんかは、何らかの変容エネルギーが降りてきているということでもあります。

※「音」とのつきあい方を変えれば、今よりもっと元気になれる!

「音」とのつきあい方を変えれば、今よりもっと元気になれる!

ヒーリングサウンドは、赤ちゃんからお年寄り、動物、植物、空間までにも癒しを与え浄化作用をもたらします。
「音薬」(おんやく)というヒーリングバイブレーション(体感音響機器)用に作曲されたオリジナル音楽を使い、音とシンクロした心地よい振動を身体に伝えていきます。

身体の中の水や骨、約60兆個に及ぶ細胞一つ一つに音楽の響きを伝えていくことにより、 音の持つリラクセーション効果と身体に響く体感振動の効果で自然治癒力を高めていきます。

また、体内で下水道の役目を担うリンパの流れを促進するので、体の中に溜まったゴミを体外に排出する効果もあるようです。
人体の構成要素は固有の振動を持つと言われており、心身のバランスが崩れるとこの振動数が不自然になります。

このような時に正常な振動数を身体に共鳴させていくことで、調和とバランスを保てるようになるというものです。
人間は胎児期に母体で聴いた母親の心音(体感音響振動)が記憶され、それに似た音には安らぎを感じるようになっています。

サウンドヒーリングで使用する“音薬”は、母親の心音に似た要素をたっぷりと含み、無意識のうちにリラックスすることができます。

参考記事:脳を癒します・ブレインヒーリング・成功脳で人間本来の状態に戻す

メンタルヘルスケアお客様の声


ペットボディケア

ペットボディケア

可愛いペットが急に体調不良に・・・・

可愛い、大切なペットが、急に体調不良になってしまった。
飼い主さんとしては、「愛犬がどんな様子だと一刻を争う状況なのか」は気になると思います。

状況にもよりますが、たとえば犬……
・荒い息
・大量のよだれ
・苦しそうな呼吸
・意識が混濁している
・頻繁な嘔吐や下痢
・足腰が立たない
・横になったまま動けない

などといった症状は、異変のサイン。こうした様子を見ると、犬がいつもと違う状態で具合が悪いと、飼い主さんも感じられるでしょう。

愛犬が急に元気がなくなり、明らかに具合が悪い場合は、迷わず動物病院を受診しましょう。
しかし、直ぐに、病院に連れていけない状況にある場合・・・・そんな時ご連絡ください。

ペットボディケアは、病気や怪我の回復を早めたり、痛みが和らぐ、症状の緩和、改善、病気を未然に防ぐ、など、自然治癒力、自己治癒力を高めます。

そして、ペットをどこかに連れて行かなくてもよく、痛い思いや、辛い思いをさせません。

ペットをどこかに連れて行かなくてもよく、痛い思いや、辛い思いをさせません。

入院や手術前後の、心身へのストレスの緩和、だけでなく飼い主さまのそばで、安心できる家で整体を受けられ、体調を保てたり、穏やかに過ごせること、最期まで元気でいられる、食べたいものを食べられること、身体の痛みや苦しさを和らげ、ペットのQOL(Quality of Life「生活の質」)を高める、心を満たし、苦しまずに旅立てるようにすることも、ペットボディケアをする目的の一つです。

ペットボディケアお客様の声


ボディケアグッズ

ボディケアグッズ

げんきパワー・足裏アーチベルトは、用途に応じて、子供からお年寄りまでお使いになれます。
げんきパワー・足裏アーチベルトの素材である「プラウシオン」と「超微細振動ミネラル」の複合素材は、血液循環、抗酸化力、交感神経のの改善効果が信頼の置ける医療機器によって確認されています。


オンライン・気功ボディケアのメリット

オンライン・気功ボディケアのメリット

気功ボディケアは、継続的に通うことが多いため、「交通の便が良い」「自宅から近い」など通いやすさを重視することも選び方の一つです。

痛みなどの症状がある状態の場合などは、サロンへ通うだけでも大変なときもあるのではないでしょうか。

そのようなときに、「長距離移動をしなければならない」「サロンへ通う際に混雑した場所を通る必要がある」など不便な条件があるサロンは避けたいところです。

このようなケースの場合オンラインでの気功ボディケアは、実に有効的なので、ご利用いただきたいと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP